西洋料理シェフとの懇談

2月26日14時からイタリア軒において、にいがたオーガニックフェスタと司厨士の合同懇談会が開かれました。初回であるため、様々な意見開示があり、現在の農と食に関して、問題も可能性もたくさんあることが分かりました。有機農法の生産者が少ない。ホテルで出た生ごみを肥料に使う取り組みが必要。有機野菜を安定的に供給するシステムが求められる。消費者の方が有機についての知識が豊富。オーガニックは価格が高いという先入概念がある・・・などなど。これからの継続的取り組が必要との認識で一致しました。